本気子の部屋

短歌、回文、日常を綴ります。

転職

 去年の11月から勤めている今の職場はコールセンターで、自宅の最寄り駅から1駅で駅から徒歩30秒でとても近く、職場の人たちも優しくわかりやすく仕事を教えてくれるし、シフトもほぼ希望通りに組んでもらえるし、いい環境ではあったんだけど、どうしても、業務内容が私の性格には合っていなかった。
 まだ、架電業務だけやってる時はなんとかなったのだけど、受電が始まるようになって、こちらには何の落ち度もないのに朝から夕方までずっとお客様から叱られているような日もあったりして、これがまだ元気な時なら我慢できたかもしれないんだけど、うつ病を抱える私は、日に日に体調が悪くなっていった。
 そんな健康状態になっていたある日、このブログに、魔慈子と名乗る人物から、私に対して「いつ死ぬの?ぜんぜん死なないじゃん」というコメントがあった。気にしないようにしようとしたけど、体調は急激に悪化し、ほとんど毎朝、酷い目眩と嘔吐に苦しむようになって、だんだん仕事にもゆけなくなった。一日の大半を布団の中で過ごした。
 7月は6日しか働けなかった。今月はまだ2日しか働けていない。このままでは、職場にも迷惑をかけっぱなしになってしまうと思い、14日に、今月末付けで退職願いを出して、受理された。
 まだ、体調は波があるんだけど、次の仕事は、思いきって、自分の本当にやりたい仕事をやってみようと思い、大好きなお店のホームページを見たら、アルバイトの求人が載っていた。時給は今と同じ。しかも、交通費も、食事補助もある。これは、ダメ元で応募してみた方がいいんじゃないか?と思ったけど、立ち仕事に不安もあったので、とりあえず、他のコールセンターの求人に3社エントリーした。でも、3社とも連絡がなくて、これは、いちばん好きなお店に面接にゆけということじゃないのか?と思った。そして、ホームページから応募したらすぐに返信があり、面接日が決まった。
 昨日、そのお店で面接をしてもらった。大好きなお店で、でも、私にとっては高級店なので、自分へのご褒美として美味しいものを食べたい時や、大切な人と会う時に利用しているお店である。ずっと好きだった人と食事をしたこともあるし、短歌のお友達ともお茶をした、私にとってとても大切なお店。
 面接では、病気のことも、自炊程度の調理経験ならあるけれどほとんど調理の仕事をしたことはないことも話した。担当者の方は、心配してくださって
「キッチンは狭いし暑いしきつい仕事だけど、大丈夫ですか?たぶん、最初から週5日はきついと思います」
と言って、1時間の休憩も挟みつつ1日5時間くらい週に3日の勤務からのスタートを提案してくださった。そして、
「よく考えてみて、やっぱり働きたいと思ったら、前日にお電話ください」
と厨房の電話番号を教えてくださった。つまり、採用はほぼ決定した。
 私の気持ちはもう固まっている。
 最初は、慣れない仕事だし、覚えることも多いだろうし、何より体力面でも不安はあるのだけど、やってみなければわからない。
 客として通うたびに感動してきたお店で、私も、誰かを喜ばせることのできるような仕事ができるようになりたい。精一杯やりたい。
 まだ、今の仕事が少しだけ残っているけれど、私の気持ちは今、明るい方へ、明るい方へと向かっている。

短歌研究新人賞応募作「東京プアストーリー」

 3か月ぶりのブログ更新です。心身共に絶不調の時も多かったんですけど、なんとか生きています。

 初めて応募した短歌研究新人賞の結果が出ました。参加賞の2首掲載でした。連作は難しいですね。これを推敲し直して別のところへ……とも思ったものの、やはり、賞は新作で勝負したいと思うので、このまま公開します。

f:id:majikonoheya:20190823182907j:plain
f:id:majikonoheya:20190823182930j:plain
f:id:majikonoheya:20190823182952j:plain
f:id:majikonoheya:20190823183008j:plain
f:id:majikonoheya:20190823183020j:plain

   東京プアストーリー

                 澪那本気子 

実家より安い家賃のアパートに住むのがひとり暮らしのルール

礼金も更新料もない部屋に十七年も暮らし続ける

不動産屋から言われた「若者の夢が実現できる」アパート

ポストには大家さんから缶入りのクッキー、りんご、みかんも届く

風呂つきで三万円の部屋のなか小田和正の声だけ高い

ユニクロでセール品ではないシャツを試着だけして満足してる

古着屋をマメに覗いて二千円以内で買える喪服を探す

大根の葉っぱも皮も捨てないで丸ごと使いきるのが特技

人参のヘタや万能ネギの根の水栽培をしている窓辺

クーポンで何かもらえるときにだけ仕事帰りにコンビニへ寄る

二分間自動販売機の前で止まってうちで麦茶を作る

半額の刺身とジュースより安い缶チューハイで晩酌をする

合コンによく誘われる愛らしい顔に生まれず幸いだった

外食をするとうちでも再現ができるかどうか考えてみる

ガス代の伝票を見て毎日の風呂は贅沢すぎると気づく

火曜日はカラオケの日と決めているフリータイムが二十四円で

地元では無視することもあったけど必ずもらうポケットティッシュ

十枚で七百五十円もするゴミ袋ではゴミが出せない

地デジ化で何も映らぬテレビデオさえ置物と化している部屋

トレンディーとはほど遠いこの部屋に招いた人はひとりもいない

パソコンの修理をせずに買い替える君に私じゃ相応しくない

女から「セックスしよ!」と誘うのは部屋にも自信がないとできない

二十年不眠不休の冷蔵庫よりも私が先に壊れて

実らない恋も長年ため込んだ雑誌も着ない服も捨てなきゃ

つまらないプライドだけは捨てたから会社でうんこするのも平気

のしかかる奨学金の返済が終わる日までは引っ越ししない

この町の市立図書館分室で片っ端から読む俵万智

地に足の着いた夢だけ追いかけるBOOK・OFFでも歌集は買える

練炭で自殺しかけたことさえも笑い話にできますように

月九には生活感がありすぎる私もいつか夢を叶える







  




 

うたの日・お題「デパート」

伊勢丹の徹底的なおもてなし売り場ではなくお買い場と呼ぶ

 新宿伊勢丹の地下の食料品売り場で働いていた時、最初の研修で教えられたのが、伊勢丹では売り場のことをお買い場と呼ぶことだった。
 百貨店という場所の主役はお客様だから、あくまでもお客様の立場になった考え方をしなくてはいけないと。
 伊勢丹は百貨店のディズニーランドを目指すのだとも言われた。
 このディズニーランドを目指すということに関しては、偶然、御徒町多慶屋という老舗ディスカウント店で働いていたいた時にも同じことを言われたことがある。
 伊勢丹も、多慶屋も、従業員教育の行き届いたとても素晴らしい店だったし、サービス業の真髄を見せていただけた職場だった。
 

うたの日・お題「後」

八月の最後のバスは走り出し米粒大の祖母に手を振る

 小中学生の頃、毎年、夏休みも冬休みも春休みも、登校日や部活のある日を除いては、母方の祖母の家に泊まって過ごした。
 自宅では、顔を合わせれば父に精神的にも身体的にも虐待される毎日だったから、祖母の家に避難できる長期休暇が待ち遠しくて仕方なかった。
 祖母はいつもとても優しく、私のことを褒めてくれる人だったので、私は祖母のことが世界でいちばん好きだった。
 毎朝、鶏小屋のチャボたちの鳴き声で目を覚まし、産みたての卵を取りにゆき、近所の乳牛の乳搾りもさせてもらって、新鮮な卵とまだほんのり温かい搾りたての濃厚な牛乳の朝食を祖母と取るのは最高の贅沢だったし、庭の大きな無花果の木にはたくさんの実がなって、いつも、夏休みの最終日には、祖母が
「この木ごと直美ちゃんのもんじゃが」
と言って、好きなだけ無花果狩りをさせてくれて、お土産に持たせてくれた。
 祖母の家の前のバス停から、宮崎市内にゆくバスの出ている西都市のバス営業所にゆくバスに乗ると、たいてい乗客は私だけだった。私は後部座席に乗り込み、手を振って見送ってくれる祖母に手を振り返した。祖母は、私を乗せたバスが見えなくなるまでずっとずっと手を振り続けてくれた。だんだん小さく小さくなってゆく祖母に手を振りながら、私は泣いた。
 祖母がいてくれなかったら、私は、自分の存在に価値を見出だせず、ただ暗いだけの少女時代を送ったと思う。祖母の孫に生まれてこられた幸せを、いつも噛み締めていた。

うたの日・お題「直」

やり直すのはあきらめる降りしきる雨に打たれる紫陽花になる

 花の名前にあまり詳しくない私も、紫陽花は好きだ。雨の日は体調が悪いんだけど、この時期の雨は嫌いではないのは、紫陽花が美しいからというのもあるかもしれない。
 紫陽花のように雨に負けない強さがほしい。

うたの日・お題「泥」

レオタード姿に無理がありすぎて目指せなかった女泥棒

 私は子供の頃から『キャッツアイ』が大好きだったので、彼女たちへの愛を込めて詠んだ。
 キャッツアイの仕事着はセクシーなレオタードだけど、背は低く短足で太っている私がレオタードなんて着たら、コントになってしまう。
 『キャッツアイ』の最終回は涙なしでは読めないので、読んだことのない人にもぜひ読んでほしい。
 
 今日のこのお題で、もう1首詠んでいた。

泥つきのごぼうをいくら洗っても踏みにじられた過去は消せない

という歌。ごぼうを洗う作業って楽しいんだけど、どんなに泥のついたごぼうが綺麗になったって、私が辛い想いを抱えて生きてきた事実は消えることはないし、その傷と向き合いながらこれからも生きてゆくしかないんだよなあという気持ち。